パソコン・IT機器 Windows

ハードディスクの容量が異常に少ない原因はWindows.oldだった

更新日:

どうもこんにちは

最近ハードディスクの容量がずいぶん少なくなってきたなぁと思ってPCを買い替えるか?HDDを入れ替えるか?などと考えていました。
windows.old214gb1

しかし400GB近くも何に使っているのだろう?というちょっとした疑問から、まずはHDDの中身の検証から始めてみました。

ちなみにOSはWindwos7 Ultimate SP1でHDDは表示上457GBです。

スポンサーリンク

HDDの容量を圧迫しているのは誰だ?

まず一番最初に思いついたのが、ソフト入れすぎ。昔はだいたいこれでした。
 →いえいえ、ProgramFiles全体で16GB全然ですね。

次に思いついたのが、ごみ箱を空にしていないこと。これも昔は良く有りましたね。
 →全然少ないですね。

次に思いついたのが、Dropboxの使い過ぎ。DropBoxの容量が1TBも有るものですから、最近何でもかんでも放り込み過ぎてました。
 →いえいえ、ちゃんと同期するフォルダを選んでいたので100GB程度です。

もう分からなくて諦めかけていたところ見慣れないフォルダが有りました。

Windows.old

しかも容量が・・・
214GB!!!
windows.old214gb

何だこれ?いつ作ったけ?私自身が没になっり、古くなった成果物を削除する前に一旦【●●●.old】のようにフォルダ名を変えて保存しておく癖があったもので、自分が作成したとばっかり思いましたが、記憶をたどっても全く思い浮かびません。

ましてや、Cドライブ直下に作ることは自分の中では有り得ない行為です。

困ったときのGoogle先生に確認してみると。。。

Windows.oldの正体

Google先生からはたくさんのサイトを案内してもらって順番に見ていくと結構みなさん同じ件で困っていたようです。では、このWindows.oldはどのような時に作成されるのかというと、大きく2つ有るようです。

WindowsVista(XP)などからWindows7へアップグレードした時
Windows7や8からWindows10へアップグレードした時

何のために作られているかというと、

Windowsをアップグレードなどして、万が一新しい環境でうまくいかない場合に、前のWindows環境を戻せるための保険

のようです。

つまりアップグレードして問題ない場合は消してしまっても良いという事ですね。

私の場合は、もともとWindows7だったのでアップグレードでは有りませんでしたが、再インストールをする時に、HDDをフォーマットしなかったので、前のWindows環境が残っていたようです。
中には、Windows7 Betaの後、正規版を入れた際に作成された方もいらっしゃるようなので、Windowsを何かしらインストールした際に作成される可能性が高いですね。

でもここでDeleteボタンなどを押して、【安易に削除をしてはいけません】のです。

Windows.oldの削除はディスクのクリーンアップ

普通にDeleteで削除したりしても、問題は無いというコメントも見かけますが、一応手順通りするときは、ディスクのクリーンアップを使用します。
microsoftさんの公式に書かれています。

簡単なやり方をご紹介すると、例えば、
・ローカルディスク(C:)を右クリックして、一番下の【プロパティ】
・プロパティ画面の【ディスクのクリーンアップ】を押す
windows.old214gb3

これだけで、ディスクのクリーンアップが動き出し検索が終わるとクリーンアップできる項目の中に
【以前のWindowsのインストール】
が有る(はず)なので、それを選択してOKを押せば終わりです。

ですが、私は【以前のWindowsのインストール】が出てこなかった(たぶんアップグレードでは無いからと解釈しました)ので、Deleteしました(笑)。今のところ問題ないので大丈夫と思われます。
おかげでこんなに容量が空いて180GB程度に収まりました。
windows.old214gb4

せっかくなのでプライマリをSSDに交換してしまって、今のHDDをセカンダリにしてしまおうかと思っています。最近SSDも安くなったので。

HDDの容量が少ないなぁと思った方は、Windows.oldフォルダを探してみてくださいね。

-パソコン・IT機器, Windows

Copyright© 上善如水 , 2019 All Rights Reserved.