アフィリエイト Wordpress SINGER PLUS+

STINGERPLUS+にバージョンアップするときにはTheme Test Driveがおススメ

更新日:

どうもみなさんこんにちは
STINGERの最新バージョンSTINGERPLUSにバージョンアップするとき(これまで違うテーマを使っていた方も)、サイトの構築する様子を一般訪問者の方に見られるのって結構恥ずかしいですよね?

一瞬でサイト構築できる方や、仮想環境(ローカル環境)を用意してそちらで構築をゆっくりできる方は別ですけど。。

特に新しいテーマを触っているときはアレコレ触っているうちに画面が真っ白になってしまったり、DIVのボックスがどっかに吹っ飛んだり、サイドバーが異常に下の方に行ってしまったり、結構恥ずかしい画面になったりします。

こっそり自分だけが見て構築したいですよね?

そんな時に、(多分)恥ずかしい思いをしなくてすむプラグインがTheme Test Driveです。

今回STINGER6からSTINGER PLUS+にバージョンアップするときに使ってみましたので使い方をレビューします。

スポンサーリンク

Theme Test Driveのインストール

プラグインですので、インストールはいつも通りです。

「プラグイン」-「新規追加」-「Theme Test Drive」を検索-「今すぐインストール」-「有効化」

インストールが終わるとダッシュボードの「外観」「Theme Test Drive」というメニューができますので、そこから設定ができます。

Theme Test Driveの設定

設定はすごく簡単でシンプルです。

ThemeTestDriveOptions2

中断のTheme Test Drive is Disabledの左側のプルダウンから、テスト環境(裏画面)で使いたいテーマを選びます。
今回はSTINGERPLUSを選びます。

そしてその下のAccess Levelはとりあえず10のままにして、一番下のEnable Theme Driveボタンを押すだけです。驚くほど簡単で拍子抜けしてしまいます。

ちなみにAccess Levelは

10(admin only:管理者のみ)
7(editors:編集者以上)
4(authors:投稿者以上)
1(contributors:寄稿者以上)

という形のようです。チームでサイト運営している場合に使えそうですね。

2つの画面で確認してみよう

今プラグインの設定した画面では、サイトのプレビューをするとテスト環境(裏画面)での新しいテーマでの画面が見えているはずです。

これはWordpressの管理画面にログインしている状態だと、テスト環境(裏画面)が表示されるためです。

もう1台パソコンがある方はそちらで、無い方でもスマホやタブレットを使って、さらに荒業で行くと、GoogleChromeを使っている方はIEでなど別なブラウザで見ても違いが分かると思います。

テスト環境を終了するには

新しいテーマでの構築が終わったら(途中で飽きたら?)ボタン一つでテスト環境を終了できます。

「外観」-「Theme Test Drive」の画面の一番下「Disable Theme Drive」を押せばテスト環境が終了します。

バレなかった?

さて、Theme Test Driveを使うことで裏で構築していることがバレなかった?変な画面が出なかった?かというと、たぶんバレてます(笑)

私が確認できただけでも

テスト環境(裏画面)でカラーの設定をすると、同じCSSのクラスなどは表画面でも反映されてしまう
ウィジェットの項目を入れ替えていると表画面も入れ替わってしまった(アタリマエ?)

などがありましたが、さして気になるレベルでもなかったかと思います。

これは、おそらく同じSTINGERシリーズでのアップデートだったので同じCSSのクラスで変わってしまったりしたためと思われますので、致し方ない部分かと思います。

テスト環境で注意すること(重要)

せっかくテスト環境でしっかり作っても、本番環境でいざそのテーマを適用しても、綺麗さっぱり無くなってしまっているものがありました。

カラーの設定!

今回のSTINGERPLUS+ではカラーカスタマイザーを使って、とても細かく色の設定ができるので夢中になって全ての項目を設定して、いざ!みんな見てくれ!ってな感じで公開したのですが、公開されたのはデフォルトのカラー設定という罠(笑)じゃぁ何でテスト環境のとき表の画面にまでカラーが反映されたのよって話は置いておいて、カラーと一緒に頭も真っ白になりました。

これは仕方が無いと思うので、テスト環境では練習を兼ねて簡単に色味などを調整しておいて、本番になってから細かく設定すれば良いかと思います。

また、テスト環境ではヘッダー画像のスライドショーが、どんだけ画像を変えても、枚数を変えても設定のチェックボックスをオン・オフにしても、フェードインにしても表示速度を1ミリ秒にしても、うんともスンとも動きませんでした。

ですが、本番環境になったら、何事も無く動いていましたので、気にしすぎた自分が悪かったと思っています。

Theme Test Driveのまとめ

テスト環境ではできないこともいくつか有りますが、こっそり新しいテーマを構築するのは十分に使えるプラグインだと思います。設定が簡単なのもありがたいですね。

テスト環境はあくまでもテスト環境だと割り切って、全体の構造の作りこんだり、CSSをいじる分には本体側には影響は出ないでしょうからCSSの調整に使ったりすれば良いかと思います。

既存のサイトのコピーを作って、既存サイトの改修にも使えるとも思いますので、法人様のホームページなどでは有難いプラグインになりそうです。

STINGER PLUS+を導入した戦いはこちらです

-アフィリエイト, Wordpress, SINGER PLUS+

Copyright© 上善如水 , 2019 All Rights Reserved.