パソコン・IT機器 iOS(iPhone,iPad)

iCloudファミリー共有をしてみた(appleID)

更新日:

どうもみなさんこんにちは

iPhoneを使えば使うほど便利すぎて、iPhoneに束縛されていく感じですが、今回はさらに束縛されようとiCloudファミリー共有をしてみましたので出来る事、出来ない事を整理してみました。

iCloudファミリー共有はiOS 8からの機能ですので、iOS 7 以下の端末では使えませんのでご注意ください。

スポンサーリンク

なぜ突然iCloudファミリー共有?

このタイミングでなぜ突然にiCloudファミリー共有を思いついたかと言いますと、

・アプリの共有
・家族のお互いの場所の確認
・カレンダーの共有

がしたいからです。

これから夏のレジャーやらで色々忙しくなった時に、

「どこー?」
「○○の後ろ」
「それどこー?」
「だからー!」

などと不毛なやりとりの時間とストレスを避けたいという切実な願いが一つ

それとカレンダーの共有はGoogleカレンダーの共有でも良いのですが、せっかくなのでiCloudで一発で出来ないかという甘い期待です。

正直アプリの共有はどうでも良いのですが出来るならそれはそれで

iCloudファミリー共有って何ができるの?

そもそもiCloudファミリー共有って何が出来るかと言いますと・・・

Appleの公式な案内を見て項目を抜粋すると、下記のとおりですがいまいちピンときません。
icloud-family
Apple公式のファミリー共有のページ

ファミリー共有家族のデジタルライフにハーモニーを。
家族みんなが買ったものを、家族みんなのデバイスで。
購入するのも、制限するのも、簡単。
家族全員が、家族のアルバムに投稿できます。
みんなの居場所がわかります。
13歳未満の子どもたちもアカウントを持つことができます。

もっと分かりやすいサイトがあったので、
簡単に何が出来るかをまとめると

・iTunes Store / iBooks / App Store で購入したアイテムを共有できて、非表示にもできて制限もできる
・居場所が分かるけど、機能をOFFにもできる
・みんなで使えるアルバムが作れる
・カレンダーでファミリー共有のイベントを作れる

となりそうです。

カレンダーの共有に微妙な空気が出てきました

iCloudファミリー共有の設定方法

まずは、管理者

まずは管理者の設定をします。
icloud-family1.fw
iPhoneの【設定】からiCloudファミリー共有を設定...さあ、はじめよう!

icloud-family2.fw
ファミリー共有設定を続ける→購入アイテムの共有で次に進む→請求情報を更新してください!

何?

何?

クレカの登録はしていませんが、しろって事ですか???

クレジットカードの設定が必須の罠

知らずに課金してしまったり、誤操作で課金してしまったりが怖かったので、これまでクレジットカード情報を登録せず、iTunesCardを購入するのみでの利用だったのですが、どうやらこのファミリー共有の機能を使うには、クレジットカード情報の登録が必須のようです。

誤った購入や問題となる購入に制限をかけたいのか、もっと買わせたいのか?意味不明な仕様ですが、たぶん買わせたいのでしょう(笑)そしてそのお金は父親が出せと(笑)

これは完全に罠だと思うのは私だけでしょうか?
泣く泣くクレカの設定をしました。

さて、改めてやり直しで
icloud-family3.fw
家族を追加...→宛先に家族のicloudのメールアドレスを入力→ファミリーを追加で先ほどのメールアドレスのAppleIDのパスワードを入力
※パスワードが分からない場合は登録案内を送信をして招待する形になります。

あとは、ちょこちょこ設定をして終わりです。

家族は何もしなくてもOK

次に家族側の設定ですが、家族側は特に気にすることも無く、自動的にファミリーに追加されていました。

管理者家族のAppleIDやパスワードが分からない場合は、メールで招待&家族が承認という作業が必要そうですが、これも苦にはならないでしょう。

年頃の女の子には拒否されそうですので、お父様はお早めに設定した方がよさそうですよ(笑)

やりたい事はできるかな?

アプリの共有はOK

これまで購入したものや無料でもダウンロードしたものは、それぞれのapp storeから確認できました。有料物も無料でダウンロードできるのは良いのですが、無料アプリのアプリ内課金ものは共有できませんでしたので注意が必要ですね。

例えばドラクエ30周年に記念で買った、ドラクエ3はアプリ内課金で買ったアプリなんですが、これは引き継がれませんでした。。。残念。

家族のお互いの場所の確認はOK

お互いの場所の確認はiPhone(iPad)の場所を確認する事で実現できそうです。

具体的にはapp storeのFind iPohneのアプリをダウンロードして設定してあれば、ファミリー共有で許可されている全ての端末の場所が把握できます。

まぁiPhone(iPad)を落としたらどうにもならんのですが。

カレンダーの共有はNG

お互いのカレンダー(私はGoogleカレンダー)を共有(閲覧)することはできず、ファミリー共有のカレンダー(イベント)が設定できて、それを共有できるという機能のようです。

そうなると結局Googleカレンダーで共有してiCloudで同期という方法は変わらなそうです。残念

まとめ

私の目的のうち50%程度はクリアできたかな?と思いますが、カレンダーは今後のバージョンアップに期待したいところです。

iOS10で解消出来たら良いなぁと思いながらも、まぁGoogleカレンダーで良いかぁとも思います。

-パソコン・IT機器, iOS(iPhone,iPad)

Copyright© 上善如水 , 2019 All Rights Reserved.