パソコン・IT機器 Windows

EaseUS Todo Backupで無料でWindowsクローンをつくる方法

更新日:

どうもみなさんこんにちは

今日は、Windowsパソコンのドライブ(HDD,SSDなど)を丸ごとコピーしてクローンを簡単に作れる無料ソフトとその使い方はご紹介します。

最近古いパソコンのHDDをSSDに交換して劇的にパフォーマンスが上がっているのですが、その時にこのクローンを作って作業をすると、とても楽なのです。

スポンサーリンク

クローンとは?

クローンとはいったい何ぞや?という方もいらっしゃると思いますので、Wikipediaで調べると

クローンとはすなわち、分子・DNA・細胞・生体などのコピーである。
分子クローン - DNAなど生体分子を複製して得られるコピーの分子のこと。
遺伝子クローン(DNAクローン) - 1つのDNAからDNAクローニングで得られた遺伝子のこと。
細胞クローン - 単一の細胞から細胞培養によって作られた細胞集団のこと。
生物クローン - 未受精卵を用いた核移植や受精卵を用いた胚分割によって作られた、元の生物固体と同じ遺伝情報を持つ生物のこと。
これらは生物学実験や検査において、不可欠な技術である。クローンを作成することをクローニングと言う。

と、まぁそうですよね。生物学的な方が出てきますが、パソコンのストレージ(ドライブ)のクローンも同様で、要するにコピー・複製です。

例えば通常のWindowsのエクスプローラーで外付けHDDにデータを全てコピーしても、そのHDDでは完璧なコピーとはならないので、コピーしたHDDでWindowsは起動できません。

ところが完璧なコピーを作ると、それが可能になるのです。

しかも全く同じですから、面倒な初期設定などほとんど必要なく、何事も無かったのように使えます。

さて、どんな時にクローンを使うかというと

・HDD(SSD)の容量が足りない時に、容量が大きい新しいディスクに入れ替えるとき
・HDDを速度の速いSSDなどに、ディスクを入れ替えるとき
・今のディスクの状態をバックアップするとき

でしょうか?

意外に使うのが3番のバックアップです。何かおかしいなぁという時に、とりあえずクローンを作ってしまえば、何かあっても全然平気で10分で復旧できますから安心です。

無料で使えるクローンソフト

そっくり同じものを作るクローンを作成するには、有料のソフトもたくさんありますし、ボタン一つでクローンを作れる商品も有ります。ですが、そんなに回数やるわけでは無いので、無料ソフトを探したところ、EaseUS Todo Backupの無料版で十分できる事が分かりました

使い方はとても簡単ですが、インストールの時に余計なソフトが入ってしまわないように注意しましょう。

EaseUS Todo Backupでのクローンの作り方

今回ご紹介する作り方の例は、HDDドライブが1つ搭載されているデスクトップパソコンに新品のSSDをSATA3ケーブルで繋いでプライマリディスクとしてある状態から作りました。

EaseUStodobackup1
EaseUS Todo Backupを起動したら右上の【クローン】を押します。

EaseUStodobackup2
まずソースとなるディスクとして、今使っているHDDドライブを選択します。(複数のパーティションの場合、選択は任意です)

EaseUStodobackup3
次にコピー先(クローン)となるターゲットを選択します。新しいSSDを選択します。

★古いHDDより新しいHDD(SSD)の容量が大きい場合はそれほど問題になりませんが、新しいHDD(SSD)の容量が小さい場合は、新しいディスクのパーティション領域をうまく操作する必要があります。

 キャプチャーを取り忘れてしまったので、別の機会に改めてアップしたいと思いますが、この後の画面でバーをスライドしてパーティション領域の大きさを変えられる画面が出ます。

 そこで、リカバリーなどシステム的な領域は古いディスクと同じくらいの容量にしておけば、まず間違いありませんが、Cドライブとしての容量は古いディスクより新しいディスクの方が小さくなります。

EaseUStodobackup4
パーティション領域を確定させると、クローンを作り始めます。ディスク容量の大きさに比例してかかる時間も増えますが、今回の240GBへのコピーは8時間程度かかりました。。。無料版ですし、パソコンのスペックも低いですからね。

EaseUStodobackup5
無事にクローン作成が終わると、エクスプローラーからでもちゃんと確認ができます。
※キャプチャーはクローン作成後、ディスクを入れ替え、新しいSSDをCドライブとしている状態です。赤で囲った箇所が新しいSSD、青の下線が古いHDDです。安定が確認できたら古いHDDはフォーマットしてしまえば、セカンダリのHDDとして使えますので有効利用ができます。

まとめ

難しそうだなと思っていたクローンの作成が、無料ソフトを使う事でいとも簡単にできました。少々時間がかかるのは無料版だからかも知れません。有料版を使ったら30分で終わった!などの話も聞きますので。

HDDをSSDに交換すると劇的にパフォーマンスが改善されますので、良かったらその時にでも、この方法を試して頂けたら幸いです。

ちなみに中段くらいでご紹介したボタン一つでクローンを作れる商品ですが、例えばこんなのが有ります。凄い事にパソコン本体が無くてもできてしまいます。

HDDをSSD化した記事はこちらです

-パソコン・IT機器, Windows

Copyright© 上善如水 , 2019 All Rights Reserved.